フォトアルバム

ひろこのフォトアルバム

  • 武庫川コスモス畑にて
    武庫川コスモス畑と秋バラの写真を追加

掲示板もあるよ♪

GoogleAnalytics

  • GoogleAnalytics

2014/01/18

第8回 LEGOオリジナルモデルコンテストに出品してきたよ♪

クリックブリック(LEGOのアウトレットショップ)で開催されますコンテスト。
第1回目からず~っと出品しているものの、入選は過去2作品だけ・・・
年々レベルが上がってまして、ぱっと見で足切られないようにするだけでも大変ですw

神戸では垂水のアウトレットモールにあるクリックブリックで開催です。
今日からエントリー開始なので、出品してきましたよ♪
朝一番に持ち込んだので、なかなか絶好のポジションを確保しました。
展示の場所は早いもの勝ちなんですよ。
やっぱり大人から子供まで見やすい場所をキープしないとネw

で、今回の作品はこちらの2点になっておりま~す。Adsc_5707sダーリンの作品は見た瞬間にわかる「老人と海」でございます。
ひろこは・・・ちょいと手抜きで年賀状のお馬さんを流用させていただきました。
題して「恋の季節(ハート)」ですw

お花畑で寄り添うふたり・・・じゃなくて二匹~Adsc_5681s木の上ではオームさんもアベック。よく見ると池でもカエルさんのアベック。
お花畑は100本ぐらい植え付けしていますw

お馬さんは一見単純なようで、実は細かい組上げをしてまして
単純にブロックを積み上げただけでは出来ない構造になっています。

そしてダーリンの。Adsc_5687sう~ん、格好良すぎるw

ではこちらの制作過程を少しご紹介。
まずはEXCELを使って3面図を検討します。
(またEXCELかい!って言わないで~だって便利なんだもんw)Adsc_5663s 
側面図に従って骨組みを作った後(写真上側のやつ)、体のふくらみをつけるため
側面にポッチがつくパーツで組み替えます。Adsc_5665sこのとき体の曲がる箇所にはヒンジパーツをつけておきます。
側面のふくらましパーツ(写真左上。ダーリンは皮と呼んでましたけどw)は
上面図を見ながら作ります。

最後の調整は実物の写真や絵を見ながら行います。Adsc_5670s
体を曲げると外側に隙間が出来ますので、曲げる角度を決めてから
隙間を埋め立てますw Adsc_5672s 
かじきだけでもサマになってますよね~Adsc_5675s 
あとは背景を作って配置するだけ!
ヒンジパーツを駆使してカッコいいアングルを演出します♪Adsc_5692s_2裏方さんはこんな感じになってますよw

展示では出来るだけいいポジションでディスプレイしたいですね~Adsc_5725s垂水のクリックブリックは窓の向こうがヨットハーバーになってるので
海ものを置くとなかなかいい感じになりますよ♪

さてさて、今回は入選出来ますでしょうか?!Adsc_5712s 
結果は2月末までのお楽しみで~す。
投票は2月1日からの一ヶ月。
垂水アウトレットまでお越しの際はぜひお立ち寄り下さいネ。

ではでは~(^^)/~~~

2014/01/08

エアーのすすめ 其の1

みんごるファンの皆様、賛否両論の「レアキャラ」実装で一気にプレイスタイルが変わっちゃった方もいらっしゃると思います。
元よりみんごる6はぶっ飛ばして如何にワンオンやミラクルを取るか?が勝敗を分けるという、
非常に大味なバランスになっていますので、変わんないっちゃあ変わんないんですけどw

さて、ひろことしてはレアキャラでコントロールが非常に良くなった点に注目してまして、
久しぶりにサーカスエアーw復活を目指してこのお正月を過ごしたのでありました。
(このところ仕事が超多忙でなかなかのんびりみんごるが出来ない事情もありましたけど)

でもって、結構いい感じでエアが決まるようになりましたので、ここに書いておくことにします。
「其の1」では、基本となるライの角度と方向の決定についてです。
「其の2」では、上記を前提に風による流れ量とクラブ、パワーの決定についての予定です。
(其の2がいつになるかは、天のみぞ知るw)

ま、其の1だけでもレガシーバックティーでこんなのがサクッと出ましたので、十分実践でも使えるとは思います(#^o^#)/

Photo_17 
というわけで、今回はちょっと長いけど、まずはライ角の読み方からはじめま~す。

ライの角度はご存知のとおり、画面右下のボール拡大部分の白い点の移動速度で計ります。
ひろこは頭の中で「ちっちっちっち」ってカウントしてますけれど、それが苦手な方はストップウオッチなりで時間計測すればいいと思います。
超ゆっくりは別として、白点が10回移動する時間を計って10で割るなどすると正確ですネ。

みんごる6は練習場がありません。ま、たとえあってもライが傾斜してるショットは練習出来ません。
なので、トレーニングモードでピン周りを適当に回りながらいろいろな距離とライから打ってみて統計と取るしかありません。
たくさん試せばそれだけ精度の高い計測が出来るのですが、面倒なのでEXCELを使って近似を求める作戦でいきますw

とりあえず、13箇所で打って試した表がこれです。

Photo_2 
ライ(秒)のところが、白点が端から端まで移動する時間になります。
1/100秒までありますけど、ま、人間が手で測ってますから結構いい加減です。
ちょんちょんのところは、実際に何度ピンから移動して打ったらピンに当たるか?となります。
ちょんちょんとは方向を決めるときに十字キーの左右を「ちょん」と素早く押した時に移動する量、
すなわち最小移動量で、このちょんを何回行った結果ピンに当たったのか?という数字です。

あと、サイクル(Hz)という見慣れない項目がありますね。これはライの白点移動時間(周期)から
1秒間にどれだけ移動するか(周波数)に変換した数字です。
サイクル=1/周期
ですから、単純な逆数です。(つまり左右を掛け合わせると1になる)
なぜサイクルが必要かといいますと、角度は周波数に比例するからです。(角度と周期は反比例)

さて、ここからが本番。パソコン三種の神器EXCELの登場です。
10~20個程度のサンプルが集まりましたら、EXCELに入力します。
 下記表のようにサイクルとちょんちょんを2列に並べ、この2列を領域指定します。Image2
そして、「挿入」タブの「散布図」を選択します。(点だけのタイプね) Image3 
するとこんなグラフが出来ます。Image4_2 
ここからがミソですw
「レイアウト」タブの「近似曲線」からプルダウンメニューの「その他の近似曲線オプション」を選択します。Image7 
「近似曲線の書式設定」が出ますので、「線形近似」と「グラフに数式を表示する」をチェックして閉じます。Image8 
そうするとこんなグラフが出来ちゃいます。(ちょっと綺麗に整形してますけどネ)Photo_3これは、白点の周波数からちょんちょん数を求めるグラフになります。

キモはグラフ上部にある数式。
「 y = 98.853x -9.2671 」
と、出ました。
この数字はサンプルによって異なります。サンプルが多いほど精度が高くなります。
で、何の数字かと言いますと、ズバリちょんちょん数を計算する近似式であります。

白点の周波数をxとして、上記式のyを求めたらちょんちょん数になるってわけですね。
いあ~文明の利器はいいですね~
あくせく苦労してたくさん調べなくても、適当なサンプル数があれば、ポンと式が出来ちゃいますw

では、逆にこの式を使って求めたちょんちょん数と計測した数を比べてみましょう。Photo_4±1以内はみんごる5で言うところの誤差なし!
±3以内はみんごる5で言うところの1ちょん誤差です。
概ね合ってることが分かりますね。
-5は実は35yあってPWで打ったので、ブレてたと思われます。

さて、いかがでしょう?
この y = ax + b の式を電卓かPCでサクッと計算すれば楽チンですよねw
いちいち計算してられないお方にはこんな表を作ればOKです。10y数字はライ白点の周期(端から端までの時間)です。
10回点が移動する時間を計って10で割ると時間が計測出来ますので、あとは秒数で表を引くだけです。
表の水色が秒、緑が0.1秒の単位です。例えば1.7秒だと49ちょんちょんとなります。

ここまでで、ライの角度を「ちょんちょん」という単位で求めることが出来ました。
このまま、頑張ってちょんちょんちょんっと十字キーを操作してもいいんだけど、ちょっと大変です。
みんごる5ではこの「ちょん」が約0.04度でした。ところがみんごる6ではこれが約0.02度に変更されています。
つまり5の倍押さないといけない! しかもめちゃくちゃクリティカルで、ちょっと油断すると2~3ちょん移動しちゃうから誤差でまくり(ToT)

そこで次のステップになります。
面倒なちょんちょんの操作をせずに、最小移動単位の精度でバッチリ方向決定する方法について考えます。
え?そんなこと出来る訳ない? いやいやいやいやw

普段、セカンドショットを打つ時は、ライの角度と風の影響を考えながら、グリーン上のマスを数えて
方向を決定されてる方が大勢だと思います。
(そうじゃなくグリーンを見ないで決定するフレもいますけど・・・しかもうまい・・・)
同じようにマスを利用してもっと精度よく決められないでしょうか?(出来たらいいなぁ~)

なんて考えると、まずはちょんちょん数からマスの移動量を計算する必要がありますね。
ちょんちょんは言ってしまえば角度です。みんごる6だと約0.02度×ちょんちょん数です。
角度から移動量というか距離を求めるには・・・・そう、あの三角関数ですw
ピンまでの距離と角度が分かっていますので簡単に求められます。

Sin上図は距離Lのピン正面から角度θだけ向きを変えたときの横軸の距離χ(つまりマスの数)を求める図です。
見てのとおり、χ=L・sinθ ですネ。簡単簡単w
tanθじゃないよ。点線のように大きい角度で見るとピンが円周方向へずれてsinであることが明白です。

はい、計算結果を上の方にある表に入れてみました。10y_2距離10y地点でライ周期から横移動量を計算した結果です。 (1ちょん=0.021度で計算)
単位はmですよ。なぜかというとマスの一辺の長さが1mだからです。 つまり、10yの距離で周期1.7秒だったら0.16マスの移動ですね。 あとは距離に応じて比例しますので8yだったら0.16×0.8で0.13です。

そうそう。1ちょんの角度は1Wでワンオンが届くホールだとグリーン上にマスが出ますので
それをカウントしてtanの逆関数(atan)で求めました。なるべく遠距離で計れば求めやすいですよ。

でもって、こりゃ楽チン楽チン、と思ったら罠がありますwPhoto_5

Photo_6この2つの違いがわかるかな~w

上はピン距離20y未満でマスの一辺が1mです。
下は距離20y以上でマスの一辺が1.5mです。
はい。20y以上の場合はマスの一辺が1.5mになりますので、結果を1.5で割らないといけません。
上の例で1.7秒だと10y地点で0.16mですから、20y地点だと0,32mです。
でも1マスが1.5mになるので0.32マスではなく、0.21マスってことになります。
注意注意~♪

はい。これで完璧です。マスの移動量までを正確に計算することが出来るようになりました。

手順をおさらいしますと
①ライの横点の周期を計測。(10回移動する時間を計って10で割るなど)
②ライ速度→マス変換表で10y地点のマス移動量を計算。(つか表を読むだけ)
③実際の残り距離/10を②の数字にかける。
④残り距離が20y以上ならさらに1.5で割る。もしくは③の時点で残り距離/15を②にかける。

まあ、電卓があった方がいいかもねw

さて、ここからが一番大切なところです。
計算は出来たけど実際にどうやって合わせたらいいの?ですよねw
では、本邦初公開!精密調整技w (いや、正月にちょっと考えただけなんですけどねw)

まず、どこのご家庭にもある30cm定規を用意します。(透明がベスト)
それをこんな風にモニターの下枠のところに置きます。Photo_7中心を15cmの目盛りにしっかり合わせて置いて下さい。

そして、まずは△ボタンでピンまでカメラを移動します。
左右に動かさないように注意して下さいね。Photo_8
適当に近づいたら今度は十字キーの上下を使ってカメラを上げ下げしてマスの縦ラインが
定規の5cmの目盛りと25cmの目盛りに合うように調整します。
ただし、中心の15cmの目盛りのところにピンがある状態はキープ。左右には動かさないように!Photo_9 グリーンに横傾斜があるとぴったり5cmと25cmのところには合いませんけど
左右で足りない量と過ぎた量が同じならOKです。(例えば左は5mm外で右は5mm内側、など)
要するに左右の長さが定規のところでちょうど20cmになるようカメラの高さを合わせるということです。

20cmの高さが見つかったら今度は△と×ボタンで前後を調整してカップと一直線にします。Photo_10 グリーンに前後の傾斜があるとカップまでカメラ移動したら左右が20cmじゃなくなりますので
また上のステップに戻って十字キーの上下でカメラの高さを微調整して下さい。
上写真のように定規のところで長さ20cmかつカップ中心を横切る位置にカメラを移動出来たらOKですよ。

ここまで左右は全く動かしてないはずです。(ピンが正面ですね)
あとは目盛りを見て左右に移動させるだけです。(上下に入らないように注意)Photo_11写真の例だと0.53マスだったので106mm移動させました。
1マスが20cmなので0.53マスだと200mm×0.53=106mmですネ。

はい、これでOKです。

さて、この一連の写真の例では周期が1.1秒ぐらいです。表から81ちょんちょんですネ。
ちょんちょんと操作してたら、まず無理だと思いますけど、この方法なら方向の決定は10秒以内で出来ます。
では打ってみましょう~
30yなので8Iフルパワー程度でOK~ Photo_12ちゃんとJIしてね(^_-)-☆ Photo_13 ばっちり当たり~w

いや~やっぱみいんごるの醍醐味はエアーですよね~(異論は認めるw)
ここまでの方法でレガシーを試したらレギュラーが-23、バックは-24とサクッと更新しました!(つまり風とか無視ですw)

さて、30yの距離になるともうひとつ別の問題があります。
(30yのエアなんてしませんよ!な、お方は読み飛ばして下さい)

これ、30y未満のショット画面Photo_14
こちらは30y以上のショット画面Photo_15
マスの動き方が異なりますね。30y未満は向いてる方向が基準でマスが表示されますが
30y以上になるとピンへの方向が基準になります。(向きを変えても、マスは動かない)
で、何が問題なの?w

後者の場合のマス計算はこうなります。

Tan
つまり、χ=L・tanθとなるわけですね。
θが十分小さいとsinθ≒tanθとなりますけど、点線のように大きな角度になると
tanθは無限大に向かって大きくなっていくのが分かります。
30y地点でのマス計算を行って表にするとこうなります。30yこれをsinθで計算した結果と比べると(上の方にある10y表を2倍すればOK)
周期0.5秒ぐらいまでは同じですので、40yオーバーとかめちゃきつい角度でない限り
この点はあまり気にしなくてよさそうですネ。
(それなら最初からtanθで計算したらいいんじゃない?って話もありますけどw)

というわけで、今回は久しぶりに爽快エアーでまとめてみました~
次回「其の2」ではエアーでの風とクラブとパワーの関係を調べて書きたいと思います。
ちょんちょん作戦だと風の計算が大変だったんだけど、今回の調整方法だと実は簡単なんですよ(^^)

それでは皆様、良きみんごるライフを! またね~

あ、そうそう。 ガチャのやりすぎには注意しましょ~気が付いたら3万円のみんごる!なんてことに(><)

ちなみにひろこはおみくじ代わりに10回引いてみましたよ♪
結果はこれ!Photo_16末吉ぐらいですか?w

2013/12/31

新年、明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

2014 
昨年はブログ、みんごる共に皆様にはお世話になりました。

みんごるはちょっとアレなゲームバランスの上、先月のちょっと残念なアップデートでオン率が落ち込んじゃいましたけど、今年は50yエア復活を夢みて攻略したいと思います♪

ダーリンのお仕事が軌道に乗ってきてお手伝いが忙しくブログの更新はのんびりペースになるとは思いますが、「役に立ちそうで役に立たないブログ」を目指して頑張りま~すw

今年のレゴ年賀状はダーリン馬とひろこ馬でした~
レゴっぽくプリミティブに作ってみましたけど、いかがでしょうか?(^^)

それでは、今年もよろしくお願い申し上げます。m(_&_)m

2013/09/02

交流戦 天使 vs 迅雷

このところ仕事が忙しくて交流戦を2回ほどパスしちゃったので、久しぶり~
みんごるする時間も無くなってるので、パットが超やばい状況なのですが・・・
お。コースがハーベストRということでちょっと安心w

それでは、いってみましょ~
今回のお相手はチーム迅雷。ずっと雷迅かと思ってました。(^^ゞスミマセン

今回はこんなメンバーです。
Image3
天使チームには助っ人でヱビスチームにご協力いただきました♥

さて、例によってムンちゃんの司会ではじまりますw
Image2
「交流戦を開始します~^^」
Image1
「あ、なんか小指が痛い・・」

始める前から言い訳が入ってるようですが・・・w

「部屋別に分かれてください~」
「Aは左」
Image4
「Bまんか」
かなり気を使ってたようですが、やはり貫禄の噛み様ははずしませんネ!
「まんあか」ならまだ分かるんだけど、なんでNAが全部無いのかw

ひろこはB部屋となりました。
部屋は天使が作ることになってますので、ひろこが作ります。
Image5
「パスは1981で~す」
天使では一般的なパスワードですネ!
(ブログでパスワードを公開するという暴挙w)

というわけで、B部屋のメンバーはこんな感じです。
Image6
天使チームは「ひろこ」「グリーンネオン」「わけあり」「Moka」の4人。
対する迅雷チームは「MERUさん」「appleさん」(勝手にひろこが命名w)
どうやらキトゥン対決の様相です。

まずは1H。届きそうでキトゥンだとなかなか厳しいホールですね~
ひろこのショットは風も悪くグリーン手前34yのセミラフでした。
そして34.2yのアプローチ、どや?!
Image10
おcccccc~
Image11
と言うほどでもありませんですよねw

Image12
このホール風が悪かったのでキトゥンでは誰も取れませんでした。

続いて3H。ここはぜひ取りたいとこなんですが・・・・ピンが(+_+)
Image14
ん~もう2マス左を狙ったんだけど、ぶれちゃったなぁ~
11.9yで近いんだけどライが悪くてむずい・・・
Image15
おcccccc~
Image16
いや、今度はまじ惜しくない?w
まあ、取って当たり前のホールなんだけどねw
Image17
上がってみるとピン位置のせいか、誰も取れなかったようです。
ん?気がつけばいつの間にか最下位ですw

次の4H。ここも取りやすいですよね♪しかも手前ピン!
Image18
312yのSTSでOKのはずだけど、キトゥンびぐびぐでは310yが限界ですw
やはり勢いが足りず右傾斜に沿ってコロコロとグリーンエッジへ・・・
Image19
まあ3.9yなのでさすがにこれは沈めて◎♪
Image21
上がってみると・・・
Image22
お!単独だ~一気に最下位からトップへw

とまあ、ワンオン目白押しのはずが1つしか取れずハーフ終了です(^^ゞ
Image24
ハーフ終了時点で1打差でわけあり、3位混戦、MERUさん頑張って~

そして後半へ。早速10Hがワンオンホールですね。
EXショット全開でうりゃ~~~w あら、はしたない(゜.゜)
Image25
狙い通り花道左エッジでキック!
Image26
ちょっと行き過ぎたけど、まあいい位置ですよね?w
Image27
これは決めたいイージーライン・・・
Image29
来ました~♪ここはむずいから単独かなぁ?
Image31
ん~よしよしw
モカちゃんどんまいです;;

そして11H。
Image33
MERUさん、エース来ました~おめでとう~

続いて13H。
ひろこのあんちょこメモには300ySBSとあるのでその通り97%で打ってみたら・・・
Image35
ありゃ、ショートじゃんwアイザック時代のメモだからキトゥンと違うのかな?w
Image36
まあ、9.7yなら多少ライの傾斜があってもなんとかなるんかない?
Image37
と、気を取り直して(自分に言い聞かせてw)打ってみたら・・・
Image38
おcccccc~
じゃなくて、じぇ~んじぇんハズレ~w

Image39
ここは取れるよね~;;
わけありさん、appleさんナイス!

そして迎えた17H。キトゥンだとちょっときついワンオン。羽もあるしw
Image40_2
しかしながら風もピンも上々~♪
Image41
どや?!羽当たるな~~~w
Image42
ピン一直線だったのに予想以上に左キックw
なんとかカラーに止まってくれました♪
Image44
6.9y、ラインもいいぞ!
Image45
ばっちり決まった~!
Image47
ここで勝負あり!
わけありさん、ドンマイです;;

そして結果は・・・
Image48

-25ということでベスト更新しましたw
ん~あと2つは取れてたなぁ~
ムンちゃん流でいくと「実質-27(^_^)vブイブイ」な感じ?w

まあ、ぶっつけ本番にしてはまともなスコアでホッ(*^。^*)

さて、ほかの部屋も終わって集計の模様です。
Image49
「迅雷チームは集計したます?」
ムンちゃん文法間違ってますよw

MVPはなんとか取れたようですw
Image52
Image53
絶賛のあらし!あらし!w
Image54
偶然ちゃうわぁ~w(実質-27だしw)

Image55
交流戦の「きっかえ」を作ったせるさすさんから一言・・・
Image56
本当に一言だけでした~w

一応、他の部屋の結果です♪

A部屋は・・・
1
おお!1234と天使ですね~シェバさんさすがです!
で、ムンちゃん天使最下位おめ(;_;)
(小指が痛いから仕方ないですね~w)
ところで降ったの?降ったんでしょ?w

C部屋は・・・
Photo
う。トップ取られてますね~迅雷チーム侮りがたし!
エース級のヴァンさんと疾風くんが居ながら・・・

まあ、詳しくはムンちゃんのブログに「そのうちいつか」掲載されますのでご期待下さい~♪

ではでは、またね~

あ~そだそだ。
このあと、ちょっといいことあったんですよぉ~♪
何かというと・・・
Amarec20130901001647
これ!
まあ、出してる方もいらっしゃると思うんだけど、ちょっと嬉しいかもw
(こっちは偶然入ってるけどネw)
あとはレガシーR24とB23に挑戦だ~!
理論的には1~3H頑張ればあとはノーミスで行けるはずw
(どちらも22すら取ってませんがw)

というわけで長々とありがとごじました~♪(ムン語w)

2013/08/13

なにわ淀川花火大会に行ってきた!

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ひろこはと言うと仕事に追われてゆっくりみんごるも出来ない日々が続いています(;_;)
で、猛暑たけなわですが、ふと空を見上げるといつの間にかアキアカネが飛び交っています。
こよみの上では立秋を迎えて秋・・・・なんですねぇ(~_~;)

というわけで、ひと時の納涼を求めて花火大会に行ってきました。
「第25回 なにわ淀川花火大会」
20万人が見に来ると言われているほど関西随一の花火大会です。

淀川の水面が見える場所を確保するために現地には16時着。
だがしか~し、すでに100mはあろうかという列が・・・有料席なのに(`´)
何とか堤防の高台を陣取れましたけど、危ないところでした。
最高気温37度の猛暑の中、19:50まで待つこと4時間・・・
まったく納涼とは正反対の荒行強行ですw
(愛用のiPADで時間つぶししてたので、待つことはそれ程苦じゃないんだけどネ)

待った甲斐あって、花火は感動ものです。
関西の気風に合って、どうでもいい説明もなければ休憩もなく、間髪入れずバンバン上がります。
1秒で1000発打ち上げたんじゃないかと思えるほど一気に視界180度が花火で埋まりますよ!

こんな感じで~
D8e_7031

でもって巨大なお花みたいな~
D8e_7043

七色に広がったり~
D8e_7104

水面で破裂したり~
D8e_7118

日本の夏、黄金の夏~
D8e_7135

とまあ、写真で見るより動画を撮ったので、ご覧下さい!

オープニングからフィナーレまでの50分、一気にどうぞ!すごいよ~(右下□をクリックして全画面で見てね~)
でもって上の写真のシーンも探してみてネw
なお、もしかして著作等で問題があったら消しますのでお早めにご鑑賞下さい(^^ゞ


YouTube: 2013なにわ淀川花火大会 全プログラム50分 (Great Japanese Fireworks 50minutes)

でもって、時間がないという貴兄には最後の3分をお贈りします(*^。^*)


YouTube: 2013 なにわ淀川花火大会 フィナーレ(Ultimate Japanese fireworks!)

はい、淀川花火大会、どうでしたか?
ひろこは関西では一番じゃないかと思います。
それにしても久しぶりの更新で、実は夏のお花畑シリーズが10か所ぐらい溜まっちゃってますw
写真が出来たら、一気に載せちゃいますので、お花好きな方はお楽しみにネ。
でもって、おいおいみんごるの記事は?なお方にもいろいろネタは溜まってますw
本当の秋までにはいろいろ公開できるんじゃないかなぁ~(希望的観測)

ではでは、暑いのでお身体にはお気をつけて。またね~(@^^)/~~~

2013/06/26

みんごるグリーン上の物理学(傾斜編)リニューアルw

前回のエントリー、弱い頭をフル回転で書いたつもりだったのですけれど
いろいろと穴がありまして~(;^_^A 、フキフキ

かなり修正&加筆しておきました(*^^*)♪

http://hiroko.blog.eonet.jp/golf/2013/06/post-9286.html

ご指摘いただいた方、感謝いたしますm(_ _)m

というわけで、パットのショートを見切る実践編はもうしばらくかかりそうで~す。(^。^;)鋭意製作中!

ではでは(o・・o)/

2013/06/08

みんごるグリーン上の物理学(傾斜編)

前回は真っ直ぐ打つ場合の計算や注意点をまとめましたけれど、今回はいよいよ斜めのカーブについて考えてみます♪
これをマスターしたら傾斜のあるパットもばっちり(^_-)-☆
と、言いたいんだけど、実際は一様に傾斜してる(平面がただ傾いただけ)のパットなんてそうそうありませんので、あまり期待しないで下さいネ(^。^;)

では、まず座標を決めておかないと計算出来ませんので、次のように取り決めます。
ボールの位置が原点でカップの方向をX座標とします。
カップと直角の方向はY座標になりますネ。
高さはHにしましょう~
そして打ち出す速度はV、カップに対しての角度をθとします。
さらに傾斜はそれぞれX座標に対する角度とY座標に対する角度で表現しま~す。
Photo
こ~んな感じです。
傾斜角度はそれぞれαとβにしました。
カップに対する高低差の角度がα、カップに対して横の傾斜がβです。

さて、打ち出す速度VはX成分とY成分に分解することが出来ます。
それぞれ Vx = V・cosθ、Vy = V・sinθ ですよね~

分解したX軸に対する動きはこのようになります。
Photo_2
上りなので重力による減速が a = g・sin α ですね。
進行方向に対する垂線Nは摩擦にかかる力です。
つまり、摩擦による減速は a' = |μ・g・cosα| となるわけです。(前回参照ネ!)
よってX方向の速度は vx = V0x - t・( a + a' ) となります。

Y軸もまったく同じ。αがβになるだけでOK~

お次は摩擦の計算です。前回のおさらいを兼ねて上の図に摩擦を入れてみますと・・・
Bandicam_20130626_160937030
むむ・・・ちょっと複雑になりました(^。^;)
と言っても左に尻尾が増えただけなんですけどねw
摩擦は進行方向に対して真逆の減速になりますから、後に尻尾が出ることになります。
摩擦は進行方向の接地面に対して垂直に働きますので、進行方向に対して縦にバッサリ切るとこんな図になります。(上図のピンクの面で切った断面ですネ)
Bandicam_20130626_161006454
重力に対して斜面の角度分だけ摩擦は弱くなりますので、こんな計算になります。
前回のおさらいで摩擦力a' = μ・t・Nです。
斜面なのでN = g にはならず、N = g.cosγ となりますから、結果として
a' = μ・g・t・cosγ となります。

γは進行方向に対する斜面の角度です。計算上γが何度かを知る必要はありませんよ。
cosγさえ分かればいいですからネ(^_-)-☆
つまり2つ上の図のようにVhが分かってるので sinγ = Vh / V ですから
cosγ = 1 - sinγ で計算出来ます♪

あとはこんな感じで(2つ上の図を真上から見た図ですよ~)
Bandicam_20130626_161019109
速度Vと同じように摩擦a' をX方向とY方向に分解すればOK(*^^*)

しかしまあ、角度がいっぱい出てきてよくわかりませんねw
ちょっとこんな例で計算してみます。
2h
めっちゃ上り、かつ斜め><

まず、式を見ると何度か?は知る必要がないのがわかります。
sinとcosが分かればOKなんですね~
というわけで、4.7mパットで23cmの上りなのでsinαは0.23/4.7で0.049です。
cosαは1-|sinα|なので、cosαは0.951ですネ。(cosαは摩擦で利用するので常に正)
横の傾斜は角度が分かりませんので、こんな感じで調べます。
2h_2
まず上から見る画面に切り替えて右スティックで指を出します。
んで、中間あたりの右1mと左1mの高さを読むわけです。
右が21cmで左が9cmなので、幅2mで高低差12cmだから、1mにつき6cmの左傾斜です。
ということは、sinβは0.06でcosβは0.94ということです!

さて、ここまでの式をちょこっとEXCELで組んでみましたよ。
Bandicam_20130626_165713909
赤い部分は手で入力、あとは自動計算~♪
距離4.7mの23cm上りなので打つ力は7mのパワーです。
さっきの計測で横1mの高さは6cm、カップの距離と高さは4.7mの23cm。
11°横向いて打った場合の軌跡がこれです。
赤い点線の矢印が打ち出す方向なので、カップから1.8マス横に打てばOKってことですよ。

では、打ってみますよ~
2hdir
方向はこんな感じかな~70%で打ってみると・・・
2hcup

おお!入りました!計算通り!( ̄+ー ̄)キラーン☆
これいいぞ~((o(´∀`)o))

お次はこういう激下り&傾斜(ーー;)
04h
こうなるとお手上げですね~(ひろこはねw)
04h_2
3.1mで下り26cm・・・横傾斜は1mで6cm。横傾斜はさっきと同じですね。
で、エクセルで、パワーは3.1m下り26cmなので0.5mとすると
4h
なにこれ・・・全く届きませんね~。カップから35°の方向のこれが一番遠くまで飛びますけど、
1.3m先で遥か遠いカップを横切ってしまいます。よくショートしちゃう難しいパットなんですね。
では適正なパワーは、と言いますと、0.5mのパワーだと1.3m先でカップを横切るわけですから
3.1m先で横切るには3.1÷1.3×0.5で計算出来ますね。答えはパワー1.2mです。
4h_2
この通り入りますね~♪。

では、実際に打ってみましょう~
3.5マスぐらい横ですから~こんな方向だけど入るのかな?(^_^;)
04hshot

パワーは1.2mで・・・
04h_3
(゚o゚;;なんと11%になっちゃった(^_^;)
けど、ぎりぎり入りましいた!すごい勢いだったけどw

一応検証してみますと、
4h_3
確かにそこそこ速い速度でカップを舐めてギリ入るようです♪

続いて上りのパットです。
05h
4.6mで26cmの激上りパット!

05h_2
左に1mあたり7.5cmと横の傾きもかなりきついですね~
セカントショットの軌跡を見ても激戻りの跡がw

さて、パワーはセオリーとおり7.2mで打つとして、結果はこれです。
5h

ん?なんか戻って来ていますよね~
実際はカップインしますから下半分の軌跡は通らないんですけど、
もしはずしたら戻ってくるってことで、それだけ傾斜がきついということですね。

では打ってみます。
方向は13°カップの左2マスを狙えばよさそうです。(赤い矢印の先端の位置ネ)
05hpat
何とか入りました~
ちょっと弱かったみたいですね。
計算はグリーンが一様な傾きが前提なのでなるべくそれらしい場所を探して検証してますけれど、やっぱり少し起伏があるのかもしれません。

さて、みんごる6のパットではコロコロ~って戻って来て入るパターンがみんごる5より多くなったような気がしますが、気のせいでしょうか?
もしかして新しい吸い込みロジックでも組み込んであるんでしょうか?その割にチップは入りませんが(^_^;)

先の計算で止まらずに戻ってくる軌跡がヒントになりますよ。
わざとでちょっと方向とパワーを間違えてみるとこうなります。
5h_2
方向は18°と5°(0.5マス)切りすぎでパワーは4%強めです。
ほら、これ、戻って来て入るパターンですよね~

実際に打ってみると、こうなります!
05hpatm

ばっちり戻って入ります(*^^)v

ということで、コロコロ~って入るのは、特殊なロジックがあるわけではなく、
ただ単にみんごる6のグリーンは傾斜のきついグリーンが多いという結論でよいと思います(´・ω・`)ザンネン

まあ、傾斜きつすぎてこんなことが出来るホールもありますよ~
11hm

2.6mで上り17cmのパットだけど9mのパワーで打ってみたりして計算w
11h

でもって実際に打ってみると・・・
11hm2
猛スピードでカップの横を通過、3mぐらい行き過ぎてようやく止まって、
ゆっくり戻ってきたよ。じわじわと加速して最後はカッコ~ン!
まあ、実際にはカップ手前で減速して計算ほど速くありませんでしたけどネ。

続いて、激横傾斜の場面に行ってみます。
07hup
見るからに右傾斜ですね!画面では目まぐるしく右へ点々が流れていますw
距離は4.9m、7cmのアップと高低差は少ないですけど、左右はどれぐらい傾いているのでしょうか。
07h
右1mで-10cm、左1mで+10cmと1mあたり10cmの勾配です。ちょっとした坂ですねw

パワーを5.6mとして計算してみますと・・・
7h
ありゃ、届きません(+д+)

実際に打ってみてもやっぱりだめですね~
07h_2

いろいろな角度で打ってみても・・・
7h_2

どうしても26°で打った4.3m以上近づくことが出来ないことが判ります。

では、パワー何mで打てばいいのでしょうか?
5.6mで打ったら4.3mしか届かないところを何mで打てば4.9mに届くかってことなので
上の方の激下りで計算したのと同じように4.9÷4.3×5.6=6.38となります。
つまり6.3m~6.4mあたりで打てばOKってことですネ!
計算してみますとバッチリです(*^^*)
7h_3

では打ってみましょう。26°は矢印を見ると丁度4マスですね。4マス左を向いて・・・
07hpat

バッチリ!グー(^-^)g""

いかがですか?
簡単な式だけでも結構シミュレート出来ることが判りますね~(*^^)v
式のおさらいをしておきます。

●打ち出す速度 v0 = √(2xμg)
x は平面での到達距離(打ちたいパワーでの距離ね)
μは摩擦係数。どうやらμ = 0.1 らしい。
g は重力。誰でも知ってる9.8m/tt  (ttはtの二乗ですよ)

●速度の分解 vx = v・cosθ、vy = v・sinθ
θはカップ方向を0°とした進行方向の角度

● t 秒後のX方向速度(カップ方向) vx = v0x - t・( ax + ax' )
ax は重力による減速(つまり上りが正) ax = g・sin α
ax'は摩擦による減速(常に正)ax' = |μ・g・cosγ・cosθ|
αはX方向の傾斜角度
γは進行方向に対する上下の仰角

● t 秒後のY方向速度(カップと垂直方向) vy = v0y - t・( ay + ay' )
ay は重力による減速(つまり上りが正) ay = g・sin β
ay'は摩擦による減速(常に正)ay' = |μ・g・cosγ・sinθ|
βはY方向の傾斜角度
   ※cosγ = 1 - ( Vx・sinα + Vy・sinβ ) / V

これだけで~す。
あとはEXCELなり何なりで1フレーム(1/30秒)づつ t を増やして計算するだけです♪
でもまあ、打ち出す角度はいろいろ試して良さげな角度を見つけるしかないので、実用的じゃありません(゜´Д`゜)
めちゃくちゃ頑張って、x=カップ距離、y=0になる解を求める式を解くことが出来れば
一発で方向とパワーが計算出来るわけですが、ひろこの頭では全然無理ですw
(そんなことが可能かどうかもわかりません・・・(´Д`))

というわけで、ここまで、グリーン上の転がりも簡単な式で表せることがわかりました!
そして、みんごるのセオリー通り打ってもショートするパットも見えて来ましたね。(山超えだけじゃないんですw)
でも、いちいちパットの度にこんな計算やってられませんし、ショートするパットは事前に知る手立てが必要ですよね。
そこらあたり、この式から見えてくる実践に役立つヒントを次回は書いてみることにしま~す。
あと、悩みの種、下って上がるパットのショートについてもちょっとだけ、書けたらいいなぁ~
(現時点では謎のまた謎ですw)

ではでは、またね~( ´ ▽ ` )ノ

2013/05/27

みんごるグリーン上の物理学(基本編)

ひさびさのみんごる記事はパットのお話です。

本当はお花の話題がまだまだあるんだけど、4連続だとちょっと飽きられそうだしw

例によって攻略にはあまり役に立ちそうにありませんw
へぇ~みんごるってそうなってんだぁ~程度の乗りでよろしく♪
まあ、記憶の隅に残しておくとすこ~しは役立つかもネ~

みんごるで普段何気なく打ってるパット。
リアルゴルフと違って何mの力で打つかが画面に表示されています。
残り5mなら5mで打つことが出来て、平面ならぴったりカップインします。
もしカップが10cm高く上りだったら6mで打てばぴったりカップインですね。
そう、みんごる界の常識、高低差1cmにつき平面での距離から10cm前後すればほぼぴったりになります。
また、多少強めに打ってもカップインしますが、1m以上強いと入らない感じですよね。

当たり前のように打ってますけれど、これってどういうことなのでしょう?
ためしてガッテンよろしく検証してみま~す。

まずはちょっと高校の物理を思い出して打ったボールが止まるまでの式を考えてみます。
こんなの、覚えてますか~

・速度=初速+加速度×時間
・距離=初速×時間+1/2×加速度×時間の二乗

打ったボールは摩擦で減速しますので、加速度とは摩擦の減速度と考えます。
上の式を小難しく表現するとこうなりますw

・v = v0 + at
・x = v0t + 1/2・att

さて、平面上の摩擦力は「摩擦係数×垂直にかかる力」となります。
小難しく F = μN と表現してみますw(μは摩擦係数ですよ)
Nは垂直にかかる力なので、N = mg (mは質量、gは重力加速度)です。
一般に力の式は F = ma (mは質量、aは加速度)ですから
結果、F = ma = μN = μmg となります。
つまり a = μg ですね。
あ、減速率なので a = -μgが正解ですw

これを上の式に当てはめると

・v = v0 - μgt
・x = v0t - 1/2・μgtt

v0が初速、つまり打ち出す速度ですね。
距離xで止めたいとき、どんな速度で打てばいいのでしょうか?
上の2式から距離xでvが0になるtを求めれば、初速v0がわかります。

まず、t秒後に速度0なので
v = v0 - μgt = 0

x = v0t - 1/2・μgtt を変形して
x = t・{(v0 - μgt) + 1/2・μgt}
x = 1/2・μgtt  ・・・ v0-μgt=0より
t = √{2x/(μg)}

tが解ったので最初の式に当てはめて
v0 = √(2xμg)

となりました~

摩擦係数μの平坦なグリーン上で距離xメートル打つには
打ち出し速度を√(2xμg)で打てばぴったりということになります。

実際に計算してみた結果がこれです。
10m
○は1フレーム毎のボールの位置です。
実際のみんごるで10mパットを打ってみると5mを約1.3秒、停止まで4.5秒でしたので
そこから摩擦係数を逆算してμ=0.1ということが解りました。
グラフ上の時間もばっちり合ってます!
μ=0.1ってことはμg=0.98とほどんど1ですね。みんごるでは計算省いて√2xで打ってたりしてね~

さて、摩擦係数が解ったので、今度は上りと下りの検証です。

さっきの式は平面が前提だったので、今度は斜面による重力の影響を加味します。

・v = v0 - gt・sinα - μgt

と、傾斜の重力加速が加わりました。αは傾斜の角度で上りが正です。
sinαは距離が分母で高さが分子なのでsinα=h/xです。角度αは知らなくてOK~

で、10mで20cmの上下を計算するとこうなります。
10m_2
10mちょうどの力で打った結果です。
上りと下りは8mと12mになりそうだけど、それは浅はかですw
上り10mで20cmということは8m時点ではまだ20cmになってないのでもう少し伸びるんですね~
上りは本来12mで打たないといけないところを10mで打ったのでパワー10/12ですから8.33m
下りは本来8mで打たないといけないところを10mで打ったのでパワー10/8ですから12.5m
というのが正解です。グラフもそうなっています(^^)v

上下の計算もぴったりですので、μ=0.1は確定でよさそうです♪
※本当は球のモーメントやら角速度やら並進運動やらいろいろあるけど高校物理を逸脱するので無視無視w

ところで。
上って下るパット。よくショートしてしまいますよね~
上の図を見て考えてみます。

カップは高さ0だけど、もし8.3mあたりにピークがある山越えだった場合。
ここの高さが8.3m×0.2/10=16.6cmより高いと、山を越えられずとまってしまいますネ。
あまりにもギリギリだとめっちゃスピードが落ちて変な方向に曲がったりします。
超えられる超えられないの関係はこのようになります。
Photo
ピークが手前ほど高い山を越えられますけど、カップ手前にピークがあると意外に低い山でも越えられないことがわかります。
10mパットの場合、9.75mの位置が2.5cm高いとショートします。ちょっとびっくり!

こんな感じで4mパットでカップ20cm手前が2cm高いだけでもショート。
Photo_2
パット時のメッシュは50cm(上図の目盛)なので、見た目は完全に平坦に見えるのが怖いw

というわけで、パットはやや強めがいいですね。
では、どれぐらい強めがいいのでしょう?限界は?

たぶん、みんごるでもカップの直径やボールの直径はリアルゴルフに合わせてあると思います。
つまり、カップの直径は108mm、ボールの直径は42.67mmということにします。

ボールの速度が速いと
Photo_3
このように、カップの縁に蹴られてばっちりラインが合っていても入りません。
では、入るぎりぎりは?というと実は結構面倒です。モーメントやら何やらでネw
じゃあ、確実に入るのは?というと、これは簡単です。
Photo_4
ボールがカップの縁に当たるときボール半分以上落ち込んでたら大丈夫ですネ!
ということは、ボールがカップの直径-ボールの半径だけ進んだ時に、重力でボールの半径分だけ落ちればOKです。

重力でボールが半径分落ちる時間は√(2r/g)ですから直径÷9.8のルートです。
電卓で・・・・ぽんぽんぽん・・・0.066秒と出ましたw
では、0.066秒で86.665mm進む速度はというと・・・v = x/t なので簡単ぽw
単位を間違えないようにぽんぽん・・・1.31m/秒!

というわけで、実は最初のグラフにあります弾道の青色はこの秒速1.31m以下の部分だったのです!
よく見ると9mちょいあたりから青いですよね~

さて、話を戻して、どれぐらい強くてもいいのか?です。
1m強めで打ってみると・・・
11m
ぎりぎり10mラインでは白、つまり蹴られる可能性ありってことです。
(カップが邪魔なので5mの位置に表示させてますが無視してくださいw)
50cm強めで打つと・・・
105m
余裕で入りますね。皆さん普段はこれぐらいで打ってるのではないでしょうか?
75cm強めで打つと・・・
1075m
これでもなんとか入りますね。
強めを意識する際は75cm遠くを狙うのが一番確実ということがわかりました~

まあ、実践では大して役に立ちませんけど、偽ラインが怖くて強めに打ちたいときとか参考にして下さいネ(^o-)-☆

ところで・・・下りで傾斜がきついパットでも結構ショートしますよね?
あれは何ででしょう?
実は横の傾斜も考えて計算すると、いろいろと見えてくるんですよ♪
これから横の傾斜も入れた計算をお披露目するつもりだったのですけど、
ここまででめっちゃ長くなっちゃったので基本編ってことで一旦切りま~す。

次回は斜め傾斜も入れた計算で、実際に打って検証していきたいと思います。
Photo_5
計算でこんなのが入ります!
ただし実践には使えませんw(だって一様な傾斜のパットラインなんてまず無いからネ)
でも知ってると知らないとでは、やっぱり結果が違ってくるかもね~

ではでは、次回もお楽しみに~(してないか・・・w)
 

2013/05/19

GWはお花三昧~♪(後半編)

このGW後半はちょっと遠出して、広島まで行ってきました♪

まずは「世羅高原農場」です。
ここには日本有数の広さを誇るチューリップ畑があります!
広いだけじゃなくて、綺麗にレイアウトされてまして
それはそれはもうおとぎの国さながら♪

D8e_3481
どうです!こんなのがず~っと地平線まで(ちょっとオーバーですけどw)続くんです。

D8e_3499
高原だけあって、GW後半にも関わらずお花の状態もばっちり(^_-)-☆

D8e_3528
もう、どっちを向いてもチューリップ~~~

どこで写真撮ってもお花の天使になれますよw
Dsc_9642

神戸から車ですっとばしても3時間半。ちょっと遠いんだけど
頑張って来る価値は十分すぎるほどあります。

D8e_3529
こちらはチューリップの虹。綺麗♪~そしてデカイw

D8e_3618
せっかくなので、虹の中心で記念撮影。

曲線の虹エリアから変わって直線のエリアに♪
D8e_3625
チューリップのうねに交差する直線のカラーリングが斬新です。
D8e_3663
散歩道も一直線です!

そしてこちらのエリアは地上絵。
D8e_3628

近くの丘から見下ろすと小さいイメージなのですけど、中に入ると・・・
D8e_3639
なんの絵かわからないくらい広いんです!もうここがナスカでいいよw

さて、この世羅高原農場から車で2~3分のところにポピーの丘があります。
ここ「香山ラベンダーの丘」なんですけど、ラベンダーが咲いていない時期は
別のお花が丘を被っているんですよ。
D8e_3691
濃いチューリップを見たあとのお口直しに淡くかわいいポピーでシメるのがひろこ流ですw
D8e_3761
日差しも西に傾いてお花たちはキラキラと輝いてます♥

丘を散策してると、何とこんなところにモノリスが!
D8e_3721
そっと触れてさらなる進化を遂げるひろこでありました。(BGM:ツァラストラはかく語りき)
え?元ネタわかりませんか?まあ1968年の映画だしねぇ~w

とまあ、進化を遂げたひろこはGW後半さらなる近場攻略に出かけるのでした。

こちはは「加西フラワーセンター」
D8e_3783
神戸から車で4~50分とお手軽かつ綺麗なお花スポットですよ~

まだ遅咲きのチューリップが頑張っていました。
D8e_3819
4月中ごろだと最高に綺麗で、オランダ衣装の無料貸出があるので
オランダ娘に変身することも出来ま~す♪

鯉のぼりののれんがありましたので、ワンコと撮影~
D8e_3873
最近こののれん、よく見かけるけど流行ってるのかな?
どう見ても鮭の荒縄だけどねぇ~w

噴水のまわりはポピーがいっぱい!
D8e_3909

やっぱり泳いでなんぼの鯉のぼりです♪
D8e_3911


そして、GW最後の日はこちら「長谷ぼたん園」です。
タイミングばっちりでお花がめっちゃ綺麗!
D8e_4029
なに?このカタログ写真は?って思うぐらいお花が綺麗すぎ~w

D8e_4068
こちらは紅白のお花。ぼたんはお花が大きいので、これだけ完璧な状態は珍しいんですよ~

あんまり綺麗なのでわんこと記念撮影~
D8e_4037
と思ったんだけど、真ん中にひろこが入った写真は肝心なぼたんが写ってないので
(ひろこがじゃまでw)わんこだけの写真にしましたw

そして、ここにも例の鯉のぼりのれんが・・・
D8e_4052

お花に興味がない殿方の皆様~JKの野点でお茶など一服いかがです?w
D8e_4059
ダーリンはJKだけになるのを待って撮りたかったようですが、
ついに和服のおばさまは動きませんでしたw

さて、折角ぼたん用にシックな服を着てきたので一枚だけ撮影~♪
D8e_4101
どこがシックやねん!

というわけでGWはホントお花三昧でした♪。
実は、この後もお花三昧は続くのですが、それはまた次の機会にwまだ続くのか・・・(゚д゚lll)

あそうだ。ムンちゃんがやっぱり食べ物が見たいそうなので一枚だけw
Imag0023_burst002

岡山のサービスエリアで売ってた焼きたてパンです。
りんご・もも・みかん、がありまして、どれも綺麗に色付けされててカワイイ(*´`)
基本アンパンなので2つだけ買ってみたんだけど、これ・・・

めちゃ美味しいです!アンというよりフルーツジャムって感じでめちゃジューシー!
りんごも桃もちゃんとその味がしますよ♪

見かけたらぜひ食べてみて下さいネ♪

ではでは。またネ~(^.^/)))

2013/05/08

GWはお花三昧~♪(前半編)

今年もやってきましたGW!
我がダーリン社は弱小企業なので中3日はお仕事(;;)
というわけで、前半と後半に分かれたGWはお花ウイークとなりました!
(天気がよかったからねぇ~)

仕事が残ってる前半はとりあえず近場を攻略w

まずは「万博記念公園」です。
去年はポピーが丘一面に咲き乱れて良かったんだけど、今年はどうでショー。

我が家からだと、下道を走っても4~50分で到着する近場のお花ポイント。
正面から入ると、でで~んと太陽の塔がお出迎えしてくれます。
D8e_2824
写真だとチビっぽいですけど、めっちゃでかいですw
パンジーでレイアウトされた芝生がまぶしい~

そして、お目当ての「花の丘」
D8e_2893
やっぱり綺麗~

D8e_2865
でもちょっと去年よりまばらな感じがしなくもないですけどw

D8e_2909
ポピーって近くで見ると紙で作った造花みたいにひらひらでしわしわです。
チャンの上着じゃないけど、アイロンかけたくなりますねw

D8e_2930
しっかり女子カメしてます!これでも大学では写真部だったんですよ~

D8e_2978
ちょっぴりグラビア風。でも髪がボッサボサ~w 風が強かったんです><

D8e_3003
他にも日本庭園とかありまして、滝あり池ありで情緒たっぷりです。

D8e_3036
太陽の塔付近にはチューリップ園があって、鮮やかな原色ガーデンになっています。
D8e_3037
ここでチューリップとポピーが同時に見れる期間は1週間ぐらいしかありません。
開花情報とにらめっこしながら、タイミングを見計らって行って下さいネ(^_-)-☆

続きまして、「但東町チューリップ畑」で~す。
我が家からは車で中国道→舞鶴道と約2時間。近場とは言えないかなw

D8e_3110
ここは畑なので、万博公園みたいなランドスケープはありませんけど、
延々とお花畑が続くのは圧巻です!
ちなみに右の看板のキャラは「玄さん」。玄武岩の語源になった玄武洞に
ちなんだゆるキャラらしいですけど、人気はいまいちとかw

D8e_3102
こちらはちょっと小柄なピンクのチューリップ。山すそまで延々とピンク~

D8e_3116
ここはワンコOKなので、記念撮影。
なかなかカメラ視線してくれなくて時間がかかるかかるw
ダーリンはワンコの注意を引こうと踊ったり変な声だしたりしてますけど
周囲の人たちにはかなり奇異に見えたのではw

D8e_3158
こちらは黄色と赤のラインです。
右端に見えるのは記念撮影用の場所です。カメラおじさんがシャッターを切ってくれます。
この日はダーリンの両親も一緒だったので、家族全員で1枚お願いしましたよ♪

D8e_3185
ビート君は暑さでへばってるので、若いセル君と記念撮影~
カメラの方を向かせようとおやつを手に持ったのが運のつき・・・
セル君もう完全に気持ちが手の中に行ってしまったようですw

そして、GW前半の最後は三田にあります「花のじゅうたん」です。
毎年GWに行くんだけど、いつも満開で綺麗!
開花時期まで管理してGWを楽しませてくれるお花ポイントです。
(そしてGW真っ只中でも人少なめなのがグーw)

D8e_3246
ワンコもOK~

D8e_3281
関西なのにこの時期でまだ桜が残っています。
手前のお花はなんだろ?シャクナゲかな~

D8e_3294
かな~り広い!一面芝桜!全部回ると1時間ぐらいかかりますよ~

D8e_3345
色もさまざま♪
今年はGW前に寒い日が続いてちょっと痩せた場所もありますけど、問題ないないw

D8e_3442
風流なお屋敷もあって、和みます♪

というわけで、GW前半のお花三昧は以上で~す。
後半は広島まで遠征したチューリップとかお楽しみにネ♪
(それよりみんごるの記事書けよ・・・という声も聞こえますけどそのうちネ)

ではでは。またね(^^)/

お友達リンク~

  • タイトさんのブログ
    最近仲良くしていただいてるタイトさんのブログです。
    軽く500勝オーバーの達人Mr.さん。
  • チーム☆ミのHP
    いつも仲良し。すずらん4に誰も居ないときはさくら4へ直行してま~す。
  • チームヱビスのHP
    すずらん4新生チームヱビス。看板娘?モカちゃんが運営するブログです(^^)♪
  • チーム幻のHP
    ず~っとお世話になってるチーム幻さん。
    ひろこの過去が知りたければここの「出来事」を見てね。w
  • マミタスさんのブログ
    いつも元気なムードメーカーマミちゃん。でも超詳細データ取りはひろこの何倍も正確です!
  • ムーンさんのブログ
    天使チームの頼れる参謀。「天然」記念物のリーダーと息ピッタリでチームを引っ張ってます。 よね?
  • 兎月さんのブログ
    すずらん4のお友達。⑫単所属の兎月ちゃんのブログです。 マイペースながら着実に腕を上げてきてる頼もしいフレさん(^^)
  • 'コモモさんのブログ
    ひろこの師匠のフレさんだったコモモさんのブログです。(リンク切)