フォトアルバム

ひろこのフォトアルバム

  • 武庫川コスモス畑にて
    武庫川コスモス畑と秋バラの写真を追加

掲示板もあるよ♪

GoogleAnalytics

  • GoogleAnalytics

« 第6回LEGOオリジナルモデルコンテスト初入選! | メイン | 今年も綾部山梅林へ行ってきたよ »

2012/03/11

エアの高低差もアカデミックに!part1

さて、超ひさしぶりにみんごるの攻略記事であります。
みんごる6も発売されて久しいにも関わらず、いまさら感ありありですけれどw

今回のお題はエアーの高低差です。
クラウン1Hの手前ピン、ぴったりのつもりて打ったら非JIであれ~手前のFW、とか
クラウン18Hの奥ピン、初級や中級だと止まらない~奥のラフ、とか
こんなときに大きな力になるのがエア(スーパートップスピンでピンに直接当てる)なんですけれど、
ピンが高い位置にあって、クラウン18Hだとピンは高すぎて見えなかったりしますね。
果たして、番手は何がいいのか、何%で打てばピンに当たるのか。
今までひろこは当て勘で打っていたんですけれど、ちょっとトラブったエアだとホームランを
多発させるあるフレさんのプレーに触発されて、調べてみることにしました。

まずは、エアーの弾道をどういった方法で調べるか。
以前の高低差記事では最初の落下点から次の接地点までの時間と距離を計測して
落下してくる弾道を調べました。
でも今回はエアーなので打出しから落下点までのすべての弾道が必要になります。
しかし、みんごる5のゴルフボールの運動方程式は公開されていませんので、完全な軌道計算は出来ません。
そこで適当な仮定を作って近似することにしました。

1.15yレンジは高低差が余り問題にならないので無視
2.30yレンジの3Iで打ったSTS(スーパートップスピン)の弾道を放物線とする。
3.横画面でショットし、ショットした瞬間の次のフレームの球位置を初速とする。
4.3I以外の番手は、直進方向、垂直方向ともに空気抵抗で等減速運動をする。

勝手に3Iは空気抵抗無しとして、初速と落下時間から重力を決めてしまいます。
そうすると5I以降は3Iの式にあてはめると、実滞空時間も到達距離も実測より長くなりますので
その差が空気抵抗であると決めつけます。
空気抵抗は本来等減速運動じゃありませんが、まあ概ねこれでもOKではないかとw

というわけで、まずは初速を調べます。
例によってトレーニングモードの練習場で、視点を横からにしてショット。

Air

こんな感じで計測しますよ。
カメラが傾いているので上下方向は多少大目になるけど、よしとしますw

そして、30yレンジと60yレンジでそれぞれ計測した結果がこれです。

Air_2

読み取り精度を上げるため、30yレンジは2フレームの移動距離を初速としています。
なので上半分の直進速度(水平方向)と打上速度(垂直方向)は1フレーム毎で考えると
半分の値になりますので注意して下さいネ。

打出し角度は直視と打上から角度を計算した結果です。

落下時間はショットの瞬間から着地の瞬間までのフレーム数(60分の1秒単位)です。

キャリーは画面に表示されたキャリーがそのままです。

放物線は30y3Iを完全な放物線とした2次方程式から導き出されるキャリーです。
これは、30y3Iの初速(直進速度と打上速度)、落下時間、キャリーから
2次方程式の係数を求めて、5I以降に当てはめた数字となります。
つまり、30y3Iを基準にして、空気抵抗が無いとこうなる、という数字ですね。

減速率は上記放物線の値と実際のキャリーとの比率です。
空気抵抗で実際には直進方向がこれだけの比率で短くなるということです。
この減速率を上下方向にもあてはめて、最大高さを求めています。

さて、この結果を元に弾道の軌跡を描いてみます。各クラブごとに作ったから沢山あるよ~

まず、30yレンジのグラフ。3I,5I,7I,9I,PW,SWを60%~100%で打った軌道です。
Air30y3i_4
Air30y5i_6
Air30y7i_4
Air30y9i
Air30ypw
Air30ysw

続いて60yレンジのグラフ。同じく3I~SWを60%~100%で打った軌道です。
Air60y3i
Air60y5i
Air60y7i

Air60y9i
Air60ypw
Air60ysw

いろいろとテストしてみましたが、概ねこの弾道で正しいようです。
概ね、というのはスピンや空気抵抗の影響を30y3I100%がゼロとして計算したので
60yレンジでは上りの弾道がグラフよりやや低い傾向にあるくらい。
ま、沢山グラフが並びましたけど、横から見たらこんなんだったのね~くらいでOKですw
あまり真剣に見ないようにw(ぼろ出るし)

さて、このグラフを実践するには、もうひとつ。ピンの高さが分からないと使えません。
エアでピンに当てるには、弾道上にピンが存在しないとホームランですからネ。
ピンの高さは練習場の影で計測することが出来ます。
Photo



このようにほぼ45°の影を地面のメッシュに合わせれば簡単です。
見てのとおり、2y弱です。

では、このグラフを使って実際に打ってみることにしましょう。

よくあるパターンでクラウン4H手前ピン。JI必須のいやなピンですよね。
で、案の定JI失敗もしくは99引いた、とかだと手前のグリーンエッジに当たって
グリーン下に落ちてしまいます。(まあ池よりましという話もありますがw)
しかもキックは大抵横にすっ飛んで砂やその周囲のFWってことになります。

で、こんな状態(;o;)
Airtest1
ピンは2.7yの打上。しかも10y近辺にせり上がった土手があります。
グリーン上は奥に下ってるので、10y近辺の高さは3y以上ありますね。

エアを決めるには弾道上にピンが必要ですから、22.6y地点で高さが2.7y~4.6yである必要があります。
30yレンジのグラフを見ると22.6yの位置で高さが2.7y以上なのはSWだけです。(それもぎりぎり)
従って、レンジは60yと言うことになります。

パワー調整を簡単にするにはなるべく長いアイアンで低く真っすぐに飛ばすことですね。
という訳で、60y3Iのグラフを見るとどうでしょう。
10yあたりの高さが3yぎりぎり。これだと手前の土手に当たりそうです。
実際に打ってみると・・・
Airtest3i
ご覧のとおり。土手に命中(>_<)
というわけで3Iは無理。4I以上で打つ必要があります。
とりあえず4Iのグラフが無いし、あまりにぎりぎりなので5Iで打ってみます。

60y5Iのグラフを見ると10yあたりは3.5yくらいあるので行けそうです。
22.6y地点の高さを見ますと、70%で4yくらいですね。
つまり70%近辺で打てば、ピンに当たるということです。
実際に打ってみると・・・
Airtest5i71
ほらね(^^)
旗の高さの3分の2あたりなので丁度2.7y~4.6yの4yあたりということになります。

上限はどうでしょう。
80%の軌道は22.6yで高さ5.2yくらいです。
70%で4yなので4.6yは (4.6-4.0) / (5.2-4.0) と比率計算をして、0.5なので
70%と80%のちょうど真ん中75%が上限ということになります。
無理は禁物ですけれど、ラフなので上限になる可能性が低い場合は
このぎりぎりパワーで打てば成功確率が最も高くなりますネ。

ついでに7Iで試してみましょう。
22.6y地点で高さが2.7y~4.6yとなると・・・・ちょうど60%と70%の間ですね(^^;
70%だと5.2y、60%だと2.7yなので、4.7yを狙うなら、さっきの計算で
(4.7-2.7) / (5.2-2.7) = 0.8 なので、68%ということになります。
ちょっとオーバーを恐れて66%で打ってみたら
Airtest7i66
ピンの4分の3あたり。68%でも良かったかな~(^^)v

というわけで、沢山のグラフを載っけてしまいましたけれど、エアの弾道は概ねこんな感じです。
今まで、高低差のあるエアでどれくらいのパワーで打てばいいのか迷ってた方には
このグラフがヒントになると思います。
ひろこはこの10個のグラフをA4用紙1枚に並べて印刷して手元に持っています。
まあ、めったに使いませんけれど、いざというとき悩んだ時はちょっとだけカンニングしてますw
実際のところ、よくあるトラブルはこのグラフでどのクラブでどれくらいのパワーなのか
あらかじめ調べてまして、ラウンド中はほぼ記憶だけで打ってますけどネ(^_-)-☆

さて、ここまではグラフ沢山の正攻法です。
実際の場面では、これにライのアップダウンがからんできます。
エアでアップダウンの調整方法、グラフのもっと簡単な読み方、などなど、Part2に乞うご期待!
(いつになるかわかりませんがw)

じゃ、またね~(^^)/~~~~

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/495393/28081751

エアの高低差もアカデミックに!part1を参照しているブログ:

コメント

おっす(^-^*)/

取り敢えず見たけど・・・

なんだよこの細かさ・・・(゚_゚i)タラー・・

もう寝るから明日にでもゆっくりみるわいw


>>コモモさん、こん(^^)/
コモモさんみたいに頭に入っちゃってる人は必要ないでしょ(^^)b
でも、精度抜群でちょっと感動。自分で自分を褒めてあげたいw

携帯じゃ 画像が見えなかったのでcoldsweats02
仕事終わらせて 急いで帰宅して ノートパソコンでグラフチェックしながら
いざ トレーニングへhappy02


全く JIしない&ちょんちょんずれてる&パワー全く違うで
おてあげ~wcoldsweats02


1打目 2打目は じゃすいいけど なぜかチップはじゃすしません;;


>>あいりさん、こん(^^)/
携帯を全く考慮してない記事でごめんなさい><
チップでJIしないのは、実はチップとバンカーはJIのタイミングが違うからですよ。
詳しくはみんごる記事まとめのJIタイミングのところを見てネ。
とにかく、普段のタイミングより若干速いので、天然うさかめが出ちゃったりしますw

こんばんゎ(o'∀'o)ノ))フリフリ

私よくホームラン出るので距離参考にしますね~^^

横は勘だけど失敗を繰り返して上達していこうと思ってますw

またストしようねヽ(≧▽≦)ノ

>>Mokaちゃん、こん(^^)/
この記事自体がホームラン対策だから、ちょうどいいかもね~
まあ、実践だと砂や草のアップライから打つことになるので、そのあたりはもう少し待ってね♪

こんにちわ(^_-)-☆
私は、結構な感覚派だから計算はあんまりしたことないけどこれを見ながら少しずつしていこうかな~(*^^)v
でも第一にJIしないといけないからそこは自主練っと_φ(._.)メモメモ
時間があればぜひ今度、ストしましょう(゜-゜)

ぬぉぉぉぉ~><
すごい!細かい!さすがひろちゃ^^

なんとなくは解りそうだけど・・・
おつむの弱い私には時間かかりそう…

見ながらオフ錬がんばりますw
安定してきたらひろちゃに挑戦だ~w(いつになるやら…w)

>>キョロさん、こん(^^)/
感覚派の方が見たら、何これ・・・って感じでしょw
感覚で行ったらなぜかホームランだった~って時だけでいいから
ちょこっとグラフを見て「ああ、こういうことか」って判れば
それでいいんじゃないかしら(^^)
ストもOKですよ~

>>あゆみちゃん、こん(^^)b
細かすぎる!でしょw
グラフの中にピンを立ててみたら判りやすいですよ(^^)
挑戦ならいつでも受けて立ちます!

ひろこさん、こんばんは^^

グラフがすっごいですね~^^
検証して、グラフ作って・・・尊敬します!!!
エクセルとかワードとか使えないのでw
(昔々、Lotus123や一太郎しか習ってないのでw)

あまりにグラフいっぱい&数字がいっぱいなんで
目を回してしまいましたwww
グラフ見ながら練習してみますね^^


>>よっすぃ~さん、こん(^^)/
グラフはね。旦那にヘルプですよw
それにしてもLotus123とか一太郎って古すぎません?w

こんちわ^^
いあー いつみても楽しい分析ですね~w
おっさんの私も参考にさせていただきますね^^;
がんばろっとw

おひさしぶりです。
相変わらずすさまじい分析力ですね
しかもそれを実践できてしまうのがもっとすごい
ですね^^
こういうの見ちゃうとまたスコアタにチャレンジ
気分になってきますね^^

>>えありぃさん、こん(^^)/
グラフ担当はおっさんの旦那なので、おっさんの琴線に触れたのかな~w
分析そのものは楽しいです♪

>>そらさん、こん(^^)/
実践出来ているかと言われると自信ありません(^_^;)
でもいろいろ調べて、グラフとぴったり合うのは結構楽しいですよ。
スコアタにはかなり役立つかと思いますので、チャレンジしてみて下さいp(^^)q

ちょっとトラブったエアだとホームランを
多発させるあるフレさんって誰だ?w

けど触発されたって書いてるから誉めてるに違いない・・うんw

ふむふむ、初速・・・打ち上げ角度・・みんごるにこんなのいるのか・・(・・;)
この表見てたらまた考える時間長くなるなぁ~w

>>ムンちゃん、こん(^^)/
アップライのエアでホームランと言えば、思い当たるのは・・・・w
もちろん褒めてますよ~無謀なる勇気に!
軌道を求めるにはいろいろちゃんと計算しないとね。角度とかw
とりあえず、ライの傾きを目で見て分かるようにして、
打つパワーを考える時間を稼がないと、アップライ&ラフ砂は
ホームランかショートばっかですよ~

postoffice

こんにちは「はじめまして」あの こんどお会いできたら嬉しいですがいろいろ分かりやすく教えてくれませんか・・・
勝手にコメントすいません

>>トイプードルさん、はじめまして(^^)/
分かりやすく教えることが出来るかどうか分かりませんが、
フレが少ない時ならストでもしましょう(^^)
トイプー飼でしょうか?トイプーもかわいいですネ♪

ひろこさん、こんばんは( ´∀`)/

すごいですね〜。よくこれだけの情報量を…w調べるだけでも大変なのに、さらに覚えるのも難しそう(・・;)
私はエアは今まで勘に頼ってました。
勘だからミスも多いんですけど、この計算を全部覚えたらミスも減ってスコアも伸ばせそうですね(^ー^;A

とりあえず少しずつ地道に応用させていただきます。一度に覚えようとすると頭がパンクしそうw(+_+)
あとJI率も上げないと…w

>>兎月ちゃん、こん(^^)/
情報量ではマミちゃんにかないませんよ~彼女の地道な努力には頭が下がります。
ここに書いた軌道はもちろん全部覚えてる訳ではありませんよw
よくあるパターンだけ覚えちゃってるだけかな。
一度に全部覚えるなんて無茶ですよ。σ(^^)は1年以上かけてようやく今のレベルですからネ。

こんばんわ♪
久しぶりにコメさせてもらいますw
入院してたので、1ヵ月ほど顔出せませんでした。
それにしても、すごい分析ですねw
いつも圧倒されます(・_・;)
私はとりあえずリハビリ頑張るかな・・・

>>ゆかりちゃん、おひさし~(^^)/
ええ!入院ですか?!もう大丈夫なの?とにかくお身体をご自愛下さいネ。

分析っていうほと大げさなものでも無いですよw
本当は空気抵抗とかスピンを考えないといけないんでしょうけど
全部省略して高校の数学レベルで近似させてるだけですから・・・
ま、経過はどうであれ、最終的にピンに当たればOKですw

久しぶりです。ご無沙汰してました。

相変わらず計算凄いですね。次元が違います(笑

僕は就労移行事業所にあるみんゴル5のチャレンジモードを少しずつ進めてまして、ついに準最終面「シルバーピークス」の扉を開きました。

ナカジマというサラリーマンのキャラでやったら最初はINで-7取れたんですが、その次のラウンドでは谷のOBに落としたりで、大苦戦を強いられました。

クラウンフィールドの4Hは攻略本で確認したところ、ハンディ1の最難関で奥に下るグリーンなんですよね。難しそうです。
それではまた。

>>fc2 shunfuyuさん、こん(^^)/
もうピークスまでたどり着きましたか!おめでとう(^^)
ナカジマでIN-7ならかなり良いスコアだと思いますよ♪
クラウンの4Hはクラウン最初の難関ですね。
SBSでティーショット出来ればかなり楽ですから、挑戦してみて下さい。p(^^)q

コメントを投稿

お友達リンク~

  • タイトさんのブログ
    最近仲良くしていただいてるタイトさんのブログです。
    軽く500勝オーバーの達人Mr.さん。
  • チーム☆ミのHP
    いつも仲良し。すずらん4に誰も居ないときはさくら4へ直行してま~す。
  • チームヱビスのHP
    すずらん4新生チームヱビス。看板娘?モカちゃんが運営するブログです(^^)♪
  • チーム幻のHP
    ず~っとお世話になってるチーム幻さん。
    ひろこの過去が知りたければここの「出来事」を見てね。w
  • マミタスさんのブログ
    いつも元気なムードメーカーマミちゃん。でも超詳細データ取りはひろこの何倍も正確です!
  • ムーンさんのブログ
    天使チームの頼れる参謀。「天然」記念物のリーダーと息ピッタリでチームを引っ張ってます。 よね?
  • 兎月さんのブログ
    すずらん4のお友達。⑫単所属の兎月ちゃんのブログです。 マイペースながら着実に腕を上げてきてる頼もしいフレさん(^^)
  • 'コモモさんのブログ
    ひろこの師匠のフレさんだったコモモさんのブログです。(リンク切)