フォトアルバム

ひろこのフォトアルバム

  • 武庫川コスモス畑にて
    武庫川コスモス畑と秋バラの写真を追加

掲示板もあるよ♪

GoogleAnalytics

  • GoogleAnalytics

« みんなのゴルフ5から6備忘録 | メイン | サークルショット、使ってますか~ »

2013/02/01

レゴで全面ポッチの球を作ろう!

毎年恒例のレゴ・ビルドコンテストの締め切りも近づいた1月末。
仕事の方が予定外のスケジュール変更で超忙しい。割ける時間は一晩しかありません。
だんな:ん~明日が締め切りか。一晩で出来てインパクトのでかいもん、無いかな~
ひろこ:ワンちゃんが飛行機に乗ってネ。手を振るのってどう?
だんな:20x20ポッチでどうやって作るねん?!
ひろこ:そこはダーリンが考えて(*^。^*)
だんな:むちゃ振りw
ひろこ:じゃあ、風船にぶら下がったワンちゃんが・・・
だんな:またそれか・・・ん?それや!
ひろこ:おお!風船ワンちゃん!
だんな:いや、それは無理やけど、球を作って地球儀にしよう!
ひろこ:そっちの方が無理っぽいけど・・・

というわけで、早速ダーリンはエクセルでなにやら作図をはじめまして・・・
約8時間後には立派な地球儀が出来上がりましたとさ。めでたしめでたし。

これで終わっちゃうとブログの意味がありませんので、ダーリン作の図を交えてレゴで球を作る方法を紹介したいと思います。
ここから先はひろこが考えた訳じゃなく、ダーリンのご教示をふむふむと聞いた内容であります。
算数の図形で苦しんだ方、ちょっとだけ我慢して下さいネw

レゴはブロックです。四角いんです。なので球を作ろうとするとゴツゴツしてしまいます。
横に薄っぺらいプレートはありますが、縦に薄っぺらいパーツはありませんので
地球儀を北極から作り始めると最初は丸っこいんですけど南回帰線あたりはがっくがくになっちゃいます。

そこで、全面ぽっち化(どこからみても表)して薄っぺらいプレートで囲みこんじゃって丸っこく作る方法があります。
でもこれ、なかなか見た目ほど簡単じゃないんですね~
誰かが作ったのを真似ることは出来ても、任意の大きさの球を作ろうとすると、そこは算数の世界になるわけです。

1.バレーボールをヒントに

レゴで全面ポッチを考えると、まず思いつくのはサイコロのようは立方体(正6面体)を作って、各面を盛り上げて球に見せる方法です。
何となく球っぽいのは出来ますが、やっぱり太ったサイコロ感は否めません。斜面で転がるほどの球は無理です。
でも、同じ形6面を貼り合わせて球を作ったものを知っています。それはバレーボール。
Volleyball_is_001
このように色分けすると小判のような形6個を貼り合わせてボールが出来ているのがわかります。
この形をレゴで再現して6個を貼り合わせると球が出来上がるわけです。

2.内接する立方体を考えて

この小判の形はどういった形なのでしょう。同じ形6個なので立方体が関係した形なのは想像出来ます。
まずは球に内接する立方体を考えてみます。
Image2
こんな感じで球にぴったり入った立方体です。

立方体の1面に沿ってスパッと切ってみます。
Image3
中華鍋のような形になりました。断面はぴったり入った内接する立方体の1面(正方形)が含まれます。

さらに前後2面に沿ってスパッと切ってみます。
Image4
ほら。小判の形が出来ました。

同じように別の面も切ってみます。
Image5
はい、中華鍋。
Image6
そして小判の形。小判というより縦にちょん切れた樽のイメージですね。
見る角度は違いますが、上の図形と全く同じです。

こうして球は同じ形6個に分断することが出来ます。
Image9
図が見にくくなるので前後の分は省略しましたけど、こんな感じです。(前後は小判の形が縦になります)
どんな形を6個作ればよいか、分かりましたでしょうか?

3.大きさを計算しよう

上記のようなパーツを作るためにはまず内接する立方体の一辺の長さが必要です。
Image7
注意しないといけないのは内接する立方体は上図の破線ではなく実線であることです。

この青い正方形の一辺の長さを求めないといけません。
欲しい直径は図の線で示した立方体の対角線とイコールです。
Image10
上図のの面に注目して下さい。
が求めたい辺の長さです。の面は縦は求めたい辺の長さと等しいです。
横は求めたい辺の長さを1辺とした正方形の対角線になっています。
従って、正面からみたらこうなります。
Image8
求めたい辺の長さを1としたら、緑の面の縦は1です。
緑の面の横は一辺の長さ1の正方形の対角線なので、中学校で習ったアレですね。
三角定規の45度の方。1:1:√2です。
直径は赤線なので、直交する2辺が1と√2の直角三角形の斜辺になります。
中学校で習ったアレ。直交する2辺の二乗の和は斜辺の二乗に等しい。
つまり直径は√3です。

というわけで、求める1辺の長さは作りたい球の直径の√3分の1となります。

今回はビルコンのレギュレーションが20x20ポッチなので直径16ポッチで作ります。
そうすると一辺の長さは16÷√3≒9。9ポッチになりました。

4.エクセルで作図しよう

さて、大きさが決まったらあとは正確な作図だけです。
エクセルを使うと結構簡単に作図出来ます。
レゴブロックのプレートの高さは3枚分でブロック1個分の高さになります。
また、プレート8枚分を横に並べるとブロック3ポッチ分の幅になります。
これをエクセルで表の縦横比を合わせればレゴ設計シートの出来上がり。
まずはシート全体を選択して、縦の幅を12ピクセル、横の幅を32ピクセルに設定し、3ライン毎に横罫線を引けばぴったりです。
Image1
そこに図形で真円を描いて、埋めて行けば簡単簡単(*^_^*)
上から見た図は縦の幅を横と同じ32ピクセルに設定すれば、正方形のマスになり便利です。

上図は横からと上からの図を高さを色分けして塗りつぶしています。

この通り6個組めばパーツの出来上がり~
Photo

5.テクニックパーツで組み上げ

ここまではほぼ機械的に作ることが出来ますネ。
あとは6つのパーツをうまく組み合わせる作業だけです。
組み上げはこの大きさだとテクニックのパーツを利用します。
Photo_2
1x2の2穴ビームにスタッドペグ2つを差し込んで直角を作ります。
Photo_3
最後はパカッとふたのように組み上げれば、球の出来上がり~

でも出来上がり図はありませんw(撮り忘れましたw)
斜面を転がるぐらいの球になりますよ~
作ってみてネ(^_-)-☆

というわけで、青い球に大陸を貼りつけて出来上がったのがこれ!
Photo_4

全面ポッチで丸く出来てますね~。ダーリンすごい!
さりげなく土台も円柱だしw

そしてひろこはというと、やっぱりワンちゃんから離れられずw
Photo_5
籐のかばんから花束を贈るシュナウザーちゃんです。
かごの曲線がいい感じ♪

今回は急ぎ足で作ったので、さすがに入賞は無理だと思いますけれど2/2(土)~2/28(木)まで、神戸の垂水にあるクリックブリックで展示しています。
お近くの方はショッピングも兼ねて見に来て下さいね~(*^_^*)

ではでは。今回は超アカデミックな展開で頭がパニクッています。
お風呂入って寝よ~っとw

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/495393/30911651

レゴで全面ポッチの球を作ろう!を参照しているブログ:

コメント

こ、これは!
すごい~(^-^*)

丸だよぉ~
ちゃんと丸になってるぅ~○
あ、球かw

レゴってこんなにも頭を使うものなのねえぇ~;
子供の頃遊んだ記憶あるけど、なに作ったっけ、得体の知れないものは作った記憶あるなぁ(^^;)
わんちゃんかわいいねぇ^^
かご、細か~い
って、青いブロックこんなにあるの?w

おりんちゃん、こん(^^)/
丸くなってるでしょ~何かすごいですよねw
レゴは立体を把握しないといけないので、結構頭使いますよ(*^^*)
子供のころは得体の知れないもの作りましたよね~
コンテストでも子供の作品(大人が見ると得体の知れない形状)は
結構子供の票を取りますので、独録のワールドがあるんでしょうネw

ブロックはたくさんありすぎるんですけど、作品を作ろうとすると
必要な部品だけいつも足りないという法則が発動しますw

お、おかしい・・・
レゴってこんな計算?して作る遊びだったっけ?w(・◇・)

計算の話抜きにしても何を言ってるのか・・・

>>1x2の2穴ビームにスタッドペグ2つを差し込んで

穴からビームが出るの??(メ・ん・)?
スタッドべグとかいきなり言われても・・・どれだろ?w(^-^;

入賞できるといいね~^^

北米大陸が見事です!
わんちゃんも、舌を出しているところが愛らしいですね~

2作品のコラボで 地球儀で遊ぶワンちゃんとか・・・浅知恵っすけどcoldsweats01

PS.横にあるエッフェルすご~

>>ムンちゃん、こん(^^)/
計算で作るレゴの世界もあるということですよ。レゴは奥が超深いんですw
実際に球に組み上がる瞬間は「おお!」ってなりますヨ(*^^*)
ビーム辺はレゴ用語炸裂ですね。
要するにブロックの側面にポッチがあるパーツを作るってことなんですけど・・・
まあ、さらっと流してくださいw
入賞は・・・・無理だと思われます(´・_・`)

>>あばダスさん、こん(^^)b
気球で飛ぶのは作ってコンテストに出したことありますよ~(*^^*)
右にあるカテゴリからレゴをクリックしてどんどん先を見ると2ページ目に写真があります♪
エッフェル塔はデカイでしょ~製作過程をビデオにしてyoutubeに載せてます。
お暇だったら左にあるビデオリンクからひろこのyoutubeに行って探してみてネ(^_-)-☆


こんばんは~(*・∀・)

レゴ作品、今年も楽しみにしてました~……ってΣ(≡ω≡ノ)ノエェッ!?
なんか計算式みたいな数字がいっぱい…w((゚д゚;))アワワ…
数学とか図形が苦手で目が回る…(笑)
でも、よく考えたらこだわりの作品を作るにはここまで考えて取りかからないといけないってことですね(;^ω^)

完成した作品は、「レゴでここまで繊細に再現できるのか~」と、驚くほどの素晴らしい出来で感動しました(=´∀`ノノ゙☆パチパチ 
もし私が審査員だったら、この作品はコンテストで優勝です♪ Σd(o・∀・o)

おはようございます♪ヽ(o^─^o)ノ

一回パッと見てスルーしようかと思う図形がいっぱいw

レゴでの計算もみんGOL並みにはんぱないですねw((;゚д゚))ス、スゲェ

だがしかーし、私はひろこさんの籐のかばんから花束を贈るシュナウザーちゃんに一票ですww

ワンちゃんがかわいい(o^^o)

入賞できる事祈ってます(≧▽≦)ゞ

兎月ちゃん、こん(^^)/
球の解説は目が回りますよねw
でも変てこりんな部品6つがぴったり合って、
バッチリ球が出来上がった瞬間は感動ものですw
コンテストの審査員はお客さんの投票で決まりますので
入選狙いなら子供受けする作品が有利なんです。今回は無理かなw

Mokaちゃん、こん(^^)b
これぞ「大人のレゴ!」って感じでしょ?♪
まあ、本当は旦那のお知り合いが作り方が知りたいということで
ちょっと過剰な解説になってるんですけれどw
でも、球に組み上がった瞬間は、みんゴルで「計算通り!」みたいに
バッチリ寄った感じで気分爽快です(*^^*)
ひろこのシュナ作品はコンテストで毎年恒例作品化してまして、
一度だけ違う作品を出したら、え?!ワンちゃんじゃない(゚o゚;;
って言われるぐらい定番化してますw

先ほどご一緒させていただいたasa_show_ryuです。
レベル高くてドキドキしましたがとても楽しかったです!
また機会があればよろしくお願いいたしますー!

関取りさん、はじめまして(^^)/
こちらこそありがとうございました。
また遊びにいらしてくださいネ(*^^*)

こんばんわ^^

旦那さんとの掛け合い思わず
笑っちゃいましたぁ~(´∀`)
お二人共見事な出来栄えw
いつみてもすばらしいヽ(´▽`)/
入賞してほしいなぁ~

えありぃさん、こん(^^)/
なかなかひろこのアイデアは採用されないんですよ~w
でも籐のバッグの曲線の出し方とか、いい感じになりました。
入賞は無理でしょうけれど、結構気に入ったので
ワンちゃんの方は戻ってきてもそのままお飾りになりそうです(*^^*)

コメントを投稿

お友達リンク~

  • タイトさんのブログ
    最近仲良くしていただいてるタイトさんのブログです。
    軽く500勝オーバーの達人Mr.さん。
  • チーム☆ミのHP
    いつも仲良し。すずらん4に誰も居ないときはさくら4へ直行してま~す。
  • チームヱビスのHP
    すずらん4新生チームヱビス。看板娘?モカちゃんが運営するブログです(^^)♪
  • チーム幻のHP
    ず~っとお世話になってるチーム幻さん。
    ひろこの過去が知りたければここの「出来事」を見てね。w
  • マミタスさんのブログ
    いつも元気なムードメーカーマミちゃん。でも超詳細データ取りはひろこの何倍も正確です!
  • ムーンさんのブログ
    天使チームの頼れる参謀。「天然」記念物のリーダーと息ピッタリでチームを引っ張ってます。 よね?
  • 兎月さんのブログ
    すずらん4のお友達。⑫単所属の兎月ちゃんのブログです。 マイペースながら着実に腕を上げてきてる頼もしいフレさん(^^)
  • 'コモモさんのブログ
    ひろこの師匠のフレさんだったコモモさんのブログです。(リンク切)